デートの記録

婚活パーティ高収入薄顔メガネ坂口とのデートの様子【シンプルにうざい】

この記事では「坂口」とのデートについて書いています!

この婚活パーティで知り合った人です。↓

婚活パーティレポ・ホワイトキー「エリート男性との恋活(モテた)【銀座】銀座で開催された、ホワイトキーという会社が主催の婚活パーティに行ってきました! この婚活パーティの売りはなんといっても「エリート男...

年上の方ですがここでは呼び捨てにしちゃってますスミマセン(無感情)

ちなみに坂口のスペック
  • 坂口
  • 私の12歳上(めっちゃ上 )
  • 身長170くらい
  • 超大手企業勤務
  • 薄顔で黒縁メガネ。多分日本に80000人は存在する風貌

パーティ後に出待ちしてくれてた

婚活パーティが終わってから会場を出ると、何人かの男性がお目当ての女性を待っていました。

その中に坂口もいました。私を待っていてくれたみたいです。

が、坂口より前に、他の男性が私に声をかけてくれました。

この人は私と同い年です。

他の男性
他の男性
相川さん!よかったら一緒に帰りませんか
わたし
わたし
わっ、えっ、あ、え、ハイ、え(出待ち的なのアリなんだ びびる)
他の男性
他の男性
何駅使って帰りますか?
わたし
わたし
え~と~~

そしてここで突然の坂口!!!

坂口
坂口
すいません、ちょっといいですか。僕も相川さんとお話ししたいんですが。
他の男性
他の男性
え、いや、、(突然のおじさんの登場にひるんだ様子)
坂口
坂口
僕、、相川さんとカップリングしたんで! (ドン!)
わたし
わたし
wwww

カップリングの称号を掲げたwwこんな使い方できるんだwwwww

と、内心で草と感心でした。(真顔)

結局坂口と帰ることに

先に声をかけてきてくれた方は「カップリングした」の称号に身を引く形になりました。そうだよねー、カップリングしたってことは私も気があるってことだもんね。それを裂くのは気が引けるよね。

で、坂ロなんですが、めちゃくちゃ喋るんです・・・。ものすごいマシンガントーク。夏男や英語マンよりすごい。

街コン・イキり夏男とのデートの様子【クズヤリモクの意外な一面】この記事では「イキり夏男」とのデートについて書いています! この街コンの3つ目のグループで知り合った人です。↓ https:...
タップル誕生・長期留学マンとのデートの様子【発音練習に尽力】街コンや婚活パーティと並行してマッチングアプリや出会い系も利用していました!(ひとまず1か月使ってみました) 今回は、マッチングア...

まあ夏男もかなりおしゃべリだったけど夏男より早ロ。一文と一文の間に呼吸がない。そして勝手に話を展開させる。(これはこれでコミュ障だな…今気付いたよ)

坂口
坂口
相川さんは何駅使うの?あっでもお腹すいてない?時間ある?よかったらご飯食べに行かない?(早口)

この時点で22時前。パーティに食事は無かった。確かにしぬほどお腹はすいた。

わたし
わたし
はい。じゃあ軽く食事しましょうか

というわけで坂口お気に入りだという小料理屋みたいなところへ連れて行ってもらいました。

坂口
坂口
ここはすごい気に入ってる。でも初めてデートする子は連れてこないことに決めてるんだよね。だからいきなり連れてきたのは相川さんが初めてだよ(ドヤァ)
わたし
わたし
そ、そうなんですね~・・・

というスタートを切った食事です。()

坂口との食事(2回)の感想

結局坂口とはこの日以外にも、後日また食事に(飲みに)行っています。

その2回を併せた感想です。

自慢話に次ぐ自慢話を聞かされたのでそのご紹介で~す。いえい

自慢話①歴代の彼女

坂口は私の外見が好みだったようです。容姿について褒められました。

坂口
坂口
、芸能人の〇〇が好きなんだけど、相川さん〇〇にそっくりだよね。最初本人かと思ってびっくりしたよ(早ロ)
わたし
わたし
そ、そうなんですね~〇〇さん?っていう女優さんは私は知らないので何とも…
坂口
坂口
まあ僕の元カノもすごい美人なんだけどね。これこれこういう理由で別れることになってさ

突然始まる元カノトーク。

全く知らない女優に似てると言われる微妙さ。

自慢話②こんな女性に言い寄られた

坂口は2年ほど婚活をしているらしいです。

で、そんな中で知り合った女性の話を聞かされました。

とにかく色んな人に付き合いたいと声をかけてもらうけれどピンとくる人がいないんですって。

中にはものすごい美人で聡明な方もいたけど頭が良すぎて合わなかったんだとさ。

言い寄られた自慢+僕は性格で人を選ぶよっていうアピールですね多分

坂口
坂口
会って1回目なのに「坂口さんしか考えられません」とか言われちゃってさあ~ww
わたし
わたし
わー、びっくりしちゃいますねー^^^^

自慢話③会社自慢+仕事自慢

坂口
坂口
の周りの人間は優秀な人ばかりなんだよね。でも僕だけ落ちこぼれて名門大学行けなかったんだよね。まあ今の企業に入ってやっと皆に追いついたかなって感じ。w〇〇っていう企業(超ホワイト大手)も内定出たんだけど。まあそこは蹴ったよw
わたし
わたし
そうなんですね~

突然の自己紹介、なに

坂口
坂口
そういえばこの前上司が入院しちゃって僕が代わりに仕事したんだよね。

で、そのプロジェクトが大成功してボーナスが出たんだけど、上司のプロジェクトだから全部上司の懐に入っちゃってさ~。○万円だよ!〇万円の仕事をして大成功を収めたの僕なのに~!

わたし
わたし
〇万円?!すご~い!(金額的には本当にすごい金額だった)

グチのフリして自慢すんな素直に喜びを表せ

坂口とのデートまとめ

正直なところ、合わないなという印象ですね。

彼にたくさん自分の良いところをアピールしてもらえたのに、それを「自慢」と受け取ってしまうということは私の感性と合わなかったってことだと思います。

見た目が好みとか話し方がゆっくりとかだったら素直に「すごい人なんだ!」とだけ思えたかもしれません、分かりません。

まあ、分かりやすくいうと、シンプルにうざかったです。()

 

今回の記事を書いていたらやたら長くなってしまったので、次の記事では「坂口とどこが合わなかったのか」もう具体的なエピソードを盛り込んで解説しますね。

 

ABOUT ME
あいこ
元カレを忘れて幸せになるべく婚活に励むアラサー。知り合いが見たら一瞬に身バレするレベルの赤裸々っぷり